『トランスフォーマー2』、マティスロボット人種差別論
夏最強のブロックバスター『トランスフォーマー:リベンジ』(以下『トランスフォーマー2』)が人種差別のうわさに巻き込まれた。25日(現地時間)、AP通信などの外信は『トランスフォーマー2』が黒人を卑下したという論議に巻き込まれ、まな板の上に乗ったと報道した。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0627&f=national_0627_014.shtml&pt=large" target="_blank">【中国のアンケ】映画トランスフォーマーは中国を侮辱している!</a>(2009/06/27)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0624&f=national_0624_007.shtml&pt=large" target="_blank">【韓国ブログ】韓国の倭色論議「開かれた心で日本を見るべき」</a>(2009/06/24)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0620&f=national_0620_009.shtml&pt=large" target="_blank">“トランスフォーマー”出現、市民も足止め注目-南京</a>(2009/06/20)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0615&f=entertainment_0615_008.shtml&pt=large" target="_blank">【韓流】マイケル・ベイ監督、来韓行事遅刻を公式謝罪</a>(2009/06/15)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0611&f=entertainment_0611_022.shtml&pt=large" target="_blank">【韓流】絶対強者いない劇場街、混戦模様</a>(2009/06/11)"(サーチナ&CNSPHOTO) 画像(1枚)
 夏最強のブロックバスター『トランスフォーマー:リベンジ』(以下『トランスフォーマー2』)が人種差別のうわさに巻き込まれた。25日(現地時間)、AP通信などの外信は『トランスフォーマー2』が黒人を卑下したという論議に巻き込まれたと報道した。


 問題の場面は今回の続編に新しく登場した双子ロボット‘スキッド(Skids)’と‘マッドフラップ(Mudflap)’を描写した部分。国産車マティスの変身ロボットでもあるこのキャラクターは、劇中コミカルな味付けの役割を担当している。今週アメリカで公開後、アメリカの観客たちはこの双子ロボットが典型的な黒人ギャングスターを連想させるとし、問題を提起した。一部の観客たちは‘ロボットを利用して、黒人文化を嘲弄した’、‘誰が見ても黒人を連想させながら、黒人をバカのように幼稚に描いた’、‘黒人を描く典型的なキャラクターと見える。あきれた’と非難した。

 このような論議に対してマイケル・ベイ監督は「双子ロボットは面白味のために作り出したキャラクターだ。
特定人種に対する固定観念を持って作ったのではない。また映画の中でセリフは声優たちのアドリブで大部分作られた」と明らかにした。映画の中で双子ロボットはそれぞれ黒人と白人の声優が引き受けて演じた。スクリプト作家もやはりコミカルな性格だけ念頭に置いただけで、特定の人種を考えたのではないと解明した。映画制作陣の解明にもかかわらず、人種差別論議はだんだん強まる様相を見せており、封切日である北米オープニングスコア歴代2位を占めた『トランスフォーマー2』の興行に悪影響を及ぼすかと視線が集まっている。
[写真提供=joynews24](情報提供:innolife.net)

【関連記事・情報】
韓国映画に関する最新情報 - innolife
【中国のアンケ】映画トランスフォーマーは中国を侮辱している!(2009/06/27)
【韓国ブログ】韓国の倭色論議「開かれた心で日本を見るべき」(2009/06/24)
【中国人注目ニュース】関心高いイラン情勢、息抜きに社会ネタ?(2009/06/23)
“トランスフォーマー”出現、市民も足止め注目-南京(2009/06/20)