湖南日本人会と日本湖南人会が協力体制に

 湖南日本人会の松永純代表と、作家で新日中友好21世紀委員会の委員を務める石川好氏が10日、日本僑報社を訪れ、湖南出身中国人の日本在住者による日本湖南友の会、日本湖南人会の代表と会談した。

 11月に湖南省長沙市で開催される日本文化ウィークを、全面的な協力のもとむかえようと交流の場が持たれた。また会談後、日本湖南人会と湖南日本人会が、友好団体関係を締結したと宣言した。

 湖南日本人会は結成から10年以上たち、現在会員数は70人を超える。写真は、湖南日本人会代表の松永純氏(右)、石川好氏(中央)と日本湖南人会理事の張景子氏。(CNSPHOTO)

【関連記事・情報】
日本湖南人会、初めて在日中国大使館を訪問(2009/07/03)
中台文化交流の一層の強化に向けフォーラム開催-湖南(2009/07/11)
“銀の都”でシルバー・ボディーペインティング-湖南(2009/07/09)
湖南列車事故の遺族、賠償金約427万円で合意(2009/07/08)
25年に1度の大水害で7名死亡-湖南(2009/07/05)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク