<北朝鮮>「我々は正義の戦いをしている」-中国報道

 北朝鮮・最高人民会議常任委員会の金永南委員長は15日、エジプトのシャルムエルシェイクで開幕した第15回非同盟諸国首脳会議に出席。「朝鮮半島の核問題は国家主権を尊重すべきで、関係国間の平等は回復されなければならない」と述べた。中国新聞社が運営するニュースサイト・中新ネットが16日付で伝えた。

 また金永南委員長は、「核兵器は戦争抑止のためのひとつの手段」とし、朝鮮半島の平和と安全を守るために必要なものだと主張。非同盟諸国に正しい理解と対応を求め、この問題に対し公正で建設的な立場をとるよう訴えたという。さらに、「我々は独立と平等を実現するための正義の戦いをしており、これは非同盟運動の理念と共同利益に合致する」と述べたという。

 国連安全保障理事会での議長声明採択を受け、6カ国協議からの離脱と核開発の再開を表明、ミサイル試射をくりかえした北朝鮮。これらの行為が、朝鮮半島を一触即発の緊迫した情勢にしていると西側諸国は憂慮を示している。(編集担当:井上洋一郎)

【関連記事・情報】
【北朝鮮】視察報道82回、健康不安説払拭か-中国報道(2009/07/15)
【北朝鮮】サイバー攻撃、拠点は中国にはない-中国報道(2009/07/14)
【北朝鮮】一連の強硬姿勢、深刻な病状影響か-中国報道(2009/07/13)
【北朝鮮】英首相、核開発の全面放棄を要求-中国報道(2009/07/10)
【北朝鮮】「核の傘」協議、米側態度は消極的-中国報道(2009/07/10)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年7月16日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。