長渕剛が六本木で詩画を実演、40キロの大筆を振るい

長渕剛が六本木で詩画を実演、40キロの大筆を振るい
歌手の長渕剛が6日、六本木ヒルズで、2年3カ月ぶりとなるオリジナルアルバム「FRIENDS」(12日発売)の発売記念イベントを行った。11日放送のbayfm「ON8」の公開収録を兼ね、3000人のファンの前で「詩画」を実演した。(サーチナ&CNSPHOTO)
 歌手の長渕剛が6日、六本木ヒルズで、2年3カ月ぶりとなるオリジナルアルバム「FRIENDS」(12日発売)の発売記念イベントを行った。11日放送のbayfm「ON8」の公開収録を兼ね、3000人のファンの前で「詩画」を実演した。

 この日は、六本木ヒルズアリーナの特設ステージ上で約30分トークを収録する予定だったが、早速、CDの音に合わせて即興でライブを行い、ファンを喜ばせた。アリーナ中央に設営された横7メートル縦4メートルの巨大なキャンバスと対峙、重さ40キロ以上に及ぶ大筆を振るい、書き始めから書き終りまで僅か10分足らずという瞬間技で「蝉」という巨大な文字を一気呵成に書き上げた。

 普段のライブとは全く違う、言わば「ギターを筆に持ち替えた」ライブパフォーマンスを目の当たりにして、ファンも固唾を呑んでただただ見守る状態。その静寂に都会の蝉が泣き叫ぶなか、あっという間に詩画の実演が終了、場内は興奮の坩堝と化すことになった。

 パフォーマンスを終えてそこに仁王立ちする長渕の姿は、全身墨汁まみれで、さながらボディペインティングを施した、戦いに挑む先住民族のような佇まいだった。イベント終了後、書き上げた詩画は「乾燥」させるためにそのまま当地に置かれたが、それを記念撮影しようとするファンがその場に残り、六本木には夜遅くまで沢山の長渕ファンが残ることとなった。

 「詩画」は、長渕が10年以上にわたって行なってきた芸術表現のひとつで、1998年に東京・銀座の「日動画廊」において初の詩画展を開催、2002年の同所での2回目、さらに鹿児島、福岡にもそれぞれ2万人を動員した実績がある。7月に発売したシングル「蝉 semi」のミュージックビデオ(PV)で、初めて「音楽と詩画の融合」が実現、3枚の巨大な詩画を書き上げる模様が収録され、ファンの間でも好評を博していた。
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年8月7日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。