【中国ブログ】「劣等感いっぱい?」日本人女性は「危機だ」

 ブロガーの「rairin(ハンドルネーム)」さんはこのほど、自身のブログで「日本人女性のコンプレックス」と題した論評を掲載、「かつての日本人女性は『善良、従順、やさしい、辛抱強い』イメージだったが、現代の日本人女性には「白人コンプレックス」、「年齢コンプレックス」、「ブランドコンプレックス」などの劣等感がいっぱいで、イメージとは少し異なる」として、日本人女性に潜む「危機」を訴えた。

 「rairin」さんはその中でも、「白人コンプレックス」などの「欧米崇拝」の傾向を取りあげ、それが容姿にも表れていると主張した。「黒い瞳に黒い髪。これは黄色人種の特徴だ。しかし日本人女性は、約8割以上が髪を染めており、染めていないと“田舎者”、“イモくさい”などと見られるようだ」、「最近は、彼女たちの“白人コンプレックス”に迎合するかように、カラーコンタクトまで登場した。日本の若い女性は、瞳の色まで“変化”しつつある」などと評した。

 このほか、「欧米崇拝」は交友関係にも垣間見えると指摘し、「彼女たちには“黒人コンプレックス”まであるようだ。黒人男性を彼氏に持ち、連れ立って歩く彼女たちの姿は、とても誇らし気だ」などとつづり、なぜか「信じられない」との見方を示した。

 しかし「rairin」さんは、そんな日本人女性の“欧米崇拝”に、「彼女たちのコンプレックスの深刻さを実感した」などと、主観を交えた感想をつづり、「私はかつて、

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年10月1日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。