【日本の検索ワード】三遊亭楽太郎、師匠の死乗り越え圓楽襲名へ

       
 29日に76歳で亡くなった噺家・三遊亭圓楽さんの弟子で、2010年3月に6代目圓楽襲名を予定している三遊亭楽太郎が、師匠の死への直筆コメントを発表したことで関心が集まった。Google「急上昇ワードランキング」に「三遊亭楽太郎」が登場した。

 三遊亭楽太郎は1950年生まれの59歳、東京都出身。青山学院大学在学中の70年に5代目三遊亭圓楽に入門した。76年に二ツ目に昇進して若手のホープとして期待され、翌77年には二ツ目にして「笑点」の大喜利レギュラーとなった。師匠の落語協会脱退騒動などを経たのち、81年3月に真打昇進を果たした。落語界きってのインテリとして売り出していたほか、「笑点」では「腹黒」キャラを定着させ、師匠や先輩である桂歌丸をののしる様子は番組の名物となった。また、俳優・タレントとしても活動していた時期がありドラマ「暴れん坊将軍」シリーズにたびたび出演していた。趣味も多彩であり、ゴルフや釣り・プロレス観戦のほかに80年代に放送されていた早朝番組「おはようゲートボール」で審判員を務めたほどのゲートボール好きとして知られている。また、民事再生法適用前の一時期、代々木アニメーション学院長を務めていたこともある。08年2月には師匠より、還暦となる2010年に6代目圓楽を襲名することが発表された。ネット上でも「この人の落語は聞いたことがない」というユーザーが散見されるように、世間では「笑点」の「腹黒」キャラで通っており、本業の落語についてはあまり知られていないが、古典落語の実力者であり、桂歌丸との二人会をはじめ、落語会を積極的に行っている。2007年より毎年10月末~11月初めごろに行われている「博多・天神落語まつり」でもプロデューサーを務めている。なお、かつて雑学王タレント・伊集院光を弟子にとっていたことがある。
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年10月31日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。