温家宝首相、「G2という呼び方には賛成できない」

 中国の温家宝首相は北京で18日、米国オバマ大統領と会談を行った。温家宝首相は「中国は米中関係を重視している。安定、協力、前向きな米中関係は両国だけでなく、世界に大きなプラスとなる。しかし、中国はG2という呼び方には賛成できない」と主張し、その理由として次の3点をあげた。中国国際放送局が報じた。

 「第1に、中国は膨大な人口を持つ発展途上国であり、近代化までの道のりは依然として長い。中国はこれについて常に冷静に考えなければならない。第2に、中国は独立自主の平和外交を堅持し、いかなる国や国家集団と同盟を結ばない。第3に、世界のことは各国が共同で解決すべきであり、一つか二つの国で決められることではない」とした上で、さらに「米中間協力は独自の役割を発揮し、国際の政治・経済の新しい秩序の確立を推進し、世界の平和、安定と繁栄を促すことに寄与できる」との考えを示した。

 温家宝首相はまた「中国は貿易黒字を求めていない。米国が対中国輸出に関する規制を緩和させ、ハイテク製品の輸出割合を増やすよう期待している」と述べ、エネルギーやエコ、ハイテクなどの分野における相互投資と協力を強め、二国間貿易のバランスを取るよう提案した。

 一方、オバマ大統領は「米中関係はグローバル的な意義がある。双方は相互不信や誤解を取り除き、対話と協力を強め、両国関係のたゆまぬ進展を推し進めていくべきだ。米国は中国が経済発展や貧困撲滅のために払った努力を支持しており、中国の発展は全世界にとって有利だ。保護貿易は双方にとっても不利だ」と語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2009年11月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら