【台湾ブログ】日本の厳しい就活を経験、帰国を決めた女子大生

       
 日本の大学院を卒業した台湾女性・hsuaninが、日本で就職活動を行いブログに記録。厳しい現実を書き残した。

 「大学院の卒業が決まり、日本で仕事を探してみようと思い、複数の企業に履歴書を提出した」hsuanin。「絶対に日本で働きたい!という強い意思はなく、もし機会があれば」という気持ちだったという。

 そして、就職試験や面接を受け頑張ってみたが、結局は諦める結果に。「どこにも採用されなかった。理由はいくつかあるだろうけど、“女だから”ということが影響していたと思う。面接を経験する内に日本企業の厳しさを知った」というhsuaninは、“台湾で仕事をした方が楽かもしれない”という思いが日に日にふくらみ、意欲をすっかり失ってしまったことも認めている。

 だが、就職活動を経験したおかげで、見たことのなかった日本の一面を見たというhsuanin。「日本人の知り合いたちに、“どうして日本で就職したいの?日本は住みやすい国だと思っているの?”聞かれて考えた。この質問には、いろんな意味が込められていたのです」と述べ、「質問をしたのは、仕事がら世界各国を廻っている人たち。彼らは自分の経験を通して、日本は決して暮らしやすい所ではないと実感している。表面は華やかで安定していても、実際に生きていくためには過酷な問題に直面することを、私に教えてくれた」とつづっている。

 「結局私が魅力に思えたのは、“日本の会社員は給料が高い”ということだけ。社会的な責任や背負うプレッシャーは、相当大きい。その代償が高収入だけれど、お金イコール幸せだとは思えない。台湾で仕事をした方が大きなプレッシャーもなく、楽しい毎日が送れると思う」と気付いたhsuaninは、その後日本の就職話を自ら断り、台湾で自分らしく生きていくために帰国を決めたそうだ。
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月23日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。