現役女子高生・石井杏奈が地元広島で初単独ライブ

現役女子高生・石井杏奈が地元広島で初単独ライブ
歌手の石井杏奈さん(15)が27日、出身地・広島で自身初のバンド構成でのソロライブを開催した。10月14日に広島地区のローソン限定で発売されたシングル『がんばるけん』が同月18日付オリコンデイリーチャートで初登場25位、11月9日付同チャート3位を記録するなど、広島限定ながらも全国的に人気を得つつある彼女が2010年に向けて新たな一歩を踏み出した。<br>(サーチナ&CNSPHOTO)
       
 歌手の石井杏奈さん(15)が27日、出身地・広島で自身初のバンド構成でのソロライブを開催した。10月14日に広島地区のローソン限定で発売されたシングル『がんばるけん』が同月18日付オリコンデイリーチャートで初登場25位、11月9日付同チャート3位を記録するなど、広島限定ながらも全国的に人気を得つつある彼女が2010年に向けて新たな一歩を踏み出した。

 石井さんは広島県出身の15歳。アクターズスクール広島に在籍し、現在は高校1年生。今作は彼女にとってのファースト・シングルで、自身は作詞としても参加している。楽曲の「涙はもういらん」「はぶてんでがんばるけん」「くせじゃけぇ」などには広島弁が使われ「本通り」「球場」「宮島」といった広島の風景を盛り込んだ遠く離れた大切な人への想いを綴った作品となっている。

 ジャケットにはプロ野球・広島東洋カープの達川光男氏の「がんばっている」現役時代の名場面の写真や旧広島市民球場で行われた最後の試合の様子を採用している。

 今回行われたのはライブは、「がんばるけん」購入者を対象とした限定ライヴ。初ライヴ、初バンド編成、初ギター演奏等、「初」づくしで開催された。会場は本人ゆかりの場所であり、アクターズスクール広島も併設されるテレビ新広島の館内で行われ、約200人の観客を魅了、成功を収めた。

 多くの「地元特産品」と同様に制作の中でテレビ新広島、広島電鉄株式会社、広島フィルムコミッション(敬称略)をはじめとする地元企業及び団体から多数の賛同・協力を元に完成された本作は、各媒体で「地元ブランド音楽」として紹介され、今回のライヴで地元の、地元による、地元のための音楽が一つの結果を残したと言える。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年12月30日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。