中国、米国に台湾への武器売却を停止するよう要求

 中国外交部の姜瑜報道官は5日、2010年の米中関係について、台湾への武器売却を停止すると同時に政府要人がダライ・ラマと会見すること、および保護貿易主義を取りやめるよう米国に要求した。中国国際放送局が伝えた。

 姜報道官は「台湾問題とチベット問題は中国の主権と領土保全にかかわり、中国の根本的な利益だ。米国の台湾への武器売却に反対し、これを巡り真剣に交渉している。米国が米中間の三つの共同コミュニケを守り、特に『8・19共同コミュニケ』の原則を堅持し、台湾への武器売却を停止すべきだ」と強調した。

 姜報道官は、また、ダライ・ラマが世界各国への訪問に一貫して反対すると語り、外国の政治要人がいかなる形であっても、どんな名目であってもダライ・ラマと接触することに反対すると改めて強調した。

 米中間の経済貿易協力について、姜報道官は「両国は、保護貿易主義に反対し、米中経済と貿易の健全な発展を維持すべきだ」と述べた。(編集担当:村山健二)

【関連記事・情報】
韜晦外交と他力本願のあいだ。オバマ大統領訪中に見る(2009/12/07)
中国の楊潔チ外交部長、NHKの特別取材を受ける(2009/11/23)
ウォール街で写真展開催、米中外交史を写真で振り返る(2009/11/22)
温家宝首相、「G2という呼び方には賛成できない」(2009/11/19)
オバマ大統領 中国訪問を終え、韓国へ(2009/11/18)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年1月6日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。