「曹操の墓」に4つの疑惑、石碑の「魏武王」の文字に疑問

 河南省安陽県安豊郷西高穴村で発掘された後漢時代の墓が、2009年12月27日に曹操の陵墓「高陵」だと確認されて以来、疑問の声が絶えず上がっている。そんな中で安徽大学歴史学部の張子侠教授は4つの疑問点を指摘した。チャイナネットが報じた。

 1.文献で記載されている位置となぜ違うのか?

 古くから曹操の墓は72基の偽の墓があるといわれるほど墓の場所は謎に包まれているが、曹操の息子の曹丕が曹操の葬儀の過程を記したものは信ぴょう性があり、それによると曹操は丘に埋葬されているとある。しかし安陽には丘の地形は見当たらない。

 2.なぜ周辺には大臣の陵墓がないのか?

 曹操は大臣の中の功労者の陵墓を自分の陵墓周辺に設置すると文献には記載されているが、今回確認された「曹操の墓」の周りにはそうした陵墓が一つもない。

 3.どうして出土した石碑には「魏武王」の文字が?

 今回出土した石碑の8つに「魏武王」の文字が見られる。「魏武王」は曹操の死後に贈られた諡号(しごう)であり、墓の中で見つかるのは非常におかしい。出土した品にも「魏武王」の文字が多く見られるが、これらはわざわざ刻んだものではないか。

 4.印章や墓誌はどこに?

 墓の主を証明できる最も重要な証拠である印章と墓志はまだ見つかっていないため、墓の主の身分がはっきりしていない。この墓は何回も盗掘されているが、没収された文化財の中には印章などもなく、どこかでそうしたものが見つかったという話も聞かない。(編集担当:米原裕子)

【関連記事・情報】
“曹操の墓”断定に反論、「魏の武将・夏侯惇の墓の可能性」(2010/01/05)
曹操墓の真偽で議論、「商業的利益と結びついている可能性も」(2009/12/30)
【曹操の墓】現地当局「大発見!」、北京の学者「あやしい」(2009/12/29)
曹操の墓…「断定の決め手」は盗掘者が持ち出した石板だった(2009/12/28)
曹操の墓で女性の遺骨を発見…20歳・40歳前後、殉死と推定(2009/12/28)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年1月6日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。