中国人から見た「ロボット大好き日本人」の“心理的危機”

 日本は、自動車部品などを組み立てる工業用(産業用)ロボットをはじめ、大手自動車メーカーが次々と開発を手がける二足歩行ロボットや人の動作を補助するロボット、人命救助に貢献するロボットなど、ロボットの研究開発が盛んな「ロボット大国」といっても過言ではない。



 一方、中国でも、中国科学技術大学がこのほど、冷蔵庫を開け、中の飲み物を手渡すというサービスロボット「可佳」の開発を発表するなど、ロボット技術の開発が進んでおり、国内外から注目を集めている。

 ブロガーの「水水(ハンドルネーム)」さんも、ロボット技術の発展に注目する1人だ。しかし、日本のロボット産業の発展した過程を分析する一方で、日本人の「心理的危機」も浮き彫りにしている。

 「水水」さんは、日本のロボット産業の発展には、日本人の抱くSF世界へのあこがれや想像力が大きな原動力になったと分析、『鉄腕アトム』や『ドラえもん』、『鉄人28号』などの漫画、アニメが日本の技術開発を支えてきたと主張した。また、「ロボットは今や、実験室から工場、家庭の日常生活にまで入り込んでいる」などと語り、日本のロボットが、工場の生産ラインをはじめ、友達や恋人に至るまでのさまざまな役割を担っていることにも言及、「ロボットに感情や生命感までも与えようとしている」と伝えた。

 しかし、「水水」さんは、日本人がロボットにこれだけの役割を担わせようとする背景には、高齢化社会や、経済不況など、現代社会における大きな危機感があると指摘。また、人々がロボットとの交流を通じて、生身の人間との間に生まれる葛藤(かっとう)から逃げようとしているとも語り、ロボットへの過度な依存は危険だと警鐘を鳴らした。(編集担当:金田知子)

【関連記事・情報】
【ロボット産業の評判】分身ロボットの登場に注目集まる-中国(2009/12/17)
ジンレイもビックリ!中国初の掃除知能ロボット誕生(2009/12/27)
クリスマスを美女ロボットと一緒に過ごした発明家「彼女最高…」(2009/12/28)
中国が開発した“考えて推理する”ロボットが登場(2009/12/16)
【YouTube】2足歩行ロボ10体が幻想的クリスマスダンスを披露(2009/11/30)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年1月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。