ビークル極似!アジカン絶賛の米バンドが新作発表

ビークル極似!アジカン絶賛の米バンドが新作発表
米ロックバンドのモーション・シティ・サウンドトラックが、日本の人気ロックバンド、ビート・クルセイダーズに似ているとの噂が広まっている。2つのバンドに共通するのは「メガネ」「トンガッた髪型」「メロディアスなパワーポップにパンクっぽいアレンジ」「キーボードを含む5人組」「オタクっぽさ」「モテなさそうな感じ」。<br>(サーチナ&CNSPHOTO)
 米ロックバンドのモーション・シティ・サウンドトラックが、日本の人気ロックバンド、ビート・クルセイダーズに似ているとの噂が広まっている。2つのバンドに共通するのは「メガネ」「トンガッた髪型」「メロディアスなパワーポップにパンクっぽいアレンジ」「キーボードを含む5人組」「オタクっぽさ」「モテなさそうな感じ」。

 「極端にいえば『お面』をしてるかしてないかってとこぐらい?」(ビート・クルセイダーズ/ヒダカトオルさん<vo,g>)というくらい、そっくりな2バンドだが、実はこれ、両バンドも公認済みの事実でお互いをリスペクトしあっている仲、その友情っぷりは2008年に一緒にジャパン・ツアーを行ってしまったほどだ。

 そんなモーション・シティ・サウンドトラックのニュー・アルバム『マイ・ダイナソー・ライフ』は、大好きな日本にインスパイアされたという作品で歌詞やアートワークには日本語もちりばめられており、ただでさえ我々日本人にとって共感度倍増の作品だが、辛口で知られるアメリカの「Alternative Press」誌レビューではなんと「オールタイム・ベスト・アルバム」と「満点」を獲得、さらにアジアン・カンフー・ジェネレーションの後藤正文さん(vo,g)も「3曲目までで完全に心を持っていかれました」と太鼓判を押す出来栄えだ。

 彼らの絶品ビター・スウィート・メロディーには、もちろん前述のヒダカトオルさんも「マッチョイズムに流されず、かと言って独り善がりなマニアックさだけに走らないバランス感覚の良さ、それはまさにビート・クルセイダーズで俺が追い求めている姿なのです」と絶賛。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年1月14日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。