北京・上海高速鉄道の運営会社「年内上場・6500億円調達」か

 中国日報などによると、北京と上海を結ぶ高速鉄道の運営会社「京滬高速鉄路股フェン有限公司が年内にも上場する可能性が出てきた。300億-500億元(2日レートで約3900億-6500億円)の調達を目指すという。

 京滬高速鉄路公司は2007年の発足。筆頭株主は中国政府・鉄道部に属する中国鉄路建設投資公司で、出資比率は56.2%だ。ついで、平安資産有限責任公司が13.9%、全国社保基金会が8.7%を出資している。

 鉄道路線の開業は2012年の予定。京滬高速鉄路公司は路線建設などで、総額の56.2%に相当する1224億元(約1兆6000億円)をすでに投じた。安信証券アナリストの林晟氏によると、京滬高速鉄路公司の上場目的は資金調達問題の解決で、単純なもの。証券市場に対しては“中立的要因”となり、他銘柄の動きには、好悪両方の影響が考えられるという。

 京滬高速鉄路公司の株式については、筆頭株主の中国鉄路建設投資がすでに、発行済株式の4.5%を60億元(約780億円)で売却する意向を明らかにしている。

 中国では株式上場について「過去3年間、連続して黒字」との条件がある。京滬高速鉄路は建設中で売り上げが出ていないため、上場に際しては中国政府の特別許可が必要。情報通によると、すでに政府各部門で審査が始まっているという。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
香港人観光客:高速鉄道に乗車、武漢の寺で懸命にお祈り(2010/02/19)
中韓「海底トンネル」構想が浮上…北京・ソウルが高速列車で4時間(2009/12/11)
「陸・空の激戦」武広高速鉄道開業で、航空券3割値下げへ-中国(2009/12/10)
中国の高速鉄道「時速394キロ」を達成…武広線で試運転(2009/12/09)
北京-上海高速鉄道に「会社化・上場」の噂…関係者「議論まだ」(2009/10/19)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2010年3月2日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら