頭は犬で牛鼻、ライオンの足…四川省で「ナゾの動物」が捕獲される

 四川省で24日、見たこともない姿をした謎の動物が捕獲されて話題となった。中国新聞網が伝えた。

 謎の動物が発見されたのは、四川省大英県金元郷だ。24日未明、村民がニワトリの悲鳴が聞いて自宅のニワトリ小屋に駆け付けたところ、全身白みがかった灰色で子犬程度の大きさの動物がニワトリに噛みついていたという。村民は棒で追い払おうとしたがなかなか逃げず、騒ぎを聞きつけた村民数名とともにこの動物を捕獲した。捕まえてよく見てみるとビックリ、これまでに見たこともない生き物だったという。

 体長約60センチメートル、犬のような小さな頭、牛のような鼻、扇のように開いた耳、体長の半分はある長いしっぽ、そしてトラやライオンのような足と爪…薄い体毛に覆われ、ところどころに傷が見られるこの動物は、草でも肉でも与えれば何でも食べる獰猛(どうもう)な性格だという。

 地元の林業部門関係者はアナグマの一種ではないかと説明しているようだが、アナグマとは見た目からして全く似ておらずその可能性は低そうだ。また、近所の女性が名前を知らずに飼っていたペット(後にムナジロテンと判明)にそっくりだということで連れてきたという。ムナジロテンとは共通する部分がいくつかあるため、林業部門では彼女のペットを拝借して、謎の動物の正体について研究するという。(編集担当:柳川俊之)

【関連記事・情報】
密猟者が自然公園に侵入、ライオンに食い殺される-南アフリカ(2010/03/25)
動物園を地震予知に採用、動物の行動をチェック─中国(2010/03/23)
肉食動物か?宇宙人か?悪魔崇拝者か?謎の吸血生物が鶏30羽を虐殺!(2010/01/20)
きみはだあれ?超可愛い謎の野生動物発見-四川(2009/08/25)
ヒマラヤ山脈東部、10年で353種の新種生物を発見(2009/08/12)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2010年3月26日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら