日中合作アニメ『三国演義』、日本で4月に放映開始―中国メディア

       
 日中合作アニメとして制作され、中国・中央電視台(CCTV)で昨年8月より放送された『三国演義』が、日本でも4月4日よりテレビ東京系で『最強武将伝・三国演義』というタイトルで放送開始される。

 『三国演義』は初めての日中合作アニメとして、北京輝煌動画公司・フューチャープラネットの日中映像制作企業2社によって共同制作された。完成までに4年の歳月をかけ、製作費は約7億円と言われている。CCTVでは全52話が昨年8月より3ヶ月間で放映され、その後各地方テレビ局も放映を開始した。

 また、タカラトミーの出資により、中国ではアニメとタイアップで登場人物を模したレゴ人形などのキャラクターグッズが発売されたほか、日本のオンラインゲーム制作会社ロッソインデックスがプロデュースした「三国演義之群英争雄」というタイトルのオンラインカードゲームが運営され、人気を集めている。

 中国メディアも日本での放送発表を伝えた。CCTVの国際チャンネルもニュースでも報じられ、タカラトミーの佐藤慶太副社長の「豪華な声優陣と美しい映像で、日本でもよい成果が挙げられると信じている」という内容のあいさつを紹介した。

 ホリプロ50周年記念アニメと銘打たれていることから、劉備に船越英一郎、曹操に鶴見辰吾、諸葛亮に「アリtoキリギリス」の石井正則、ナレーターには鹿賀丈史…と2時間ドラマを超えるような豪華キャスティングで繰り広げられる『三国演義』、日曜の朝に親子で楽しめるアニメになりそうだ。(編集担当:柳川俊之)

【関連記事・情報】
日中共同制作アニメ『三国演義』放映開始へ、日本でも(2009/07/28)
三国志魏国のテーマパークがオープン-河南省許昌市(2009/06/02)
ドラマ『三国志』撮影でゴミの山、ダム管理局が激怒(2009/04/20)
東京国際アニメフェア、日中合作アニメ「三国演義」登場(2009/03/20)
タカラトミーなど制作のアニメ「三国演義」中国放映開始(2009/03/18)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年3月30日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。