【華流】ジェリー・イェン、写真集でチーリンとの悲恋を告白

 8年ぶりに発売した写真集、「9314男人與男孩」が好評の言承旭(ジェリー・イェン)。写真集の中でジェリーは、「愛情童話」というテーマで過去の恋愛を振り返る文章を掲載しているが、“その相手は林志玲(リン・チーリン)”と台湾メディアが報道した。

 文中ジェリーは自分のことを“王子”、恋人のことを“お姫様”と表現し「お姫様が病気で苦しんでいる時、王子は別の場所で戦っていた。毎秒毎秒、お姫様のことを考えると心が痛かった」と素直な気持ちを述べている。そして、「この恋は、僕にとって人生ただひとつの恋だった。人生は思い通りにはいかないもので、愛し合っている2人でも会えないことがある」とつづった。

 報道によると“お姫様が病気だった時”は、チーリンが中国で落馬事故に遭った2005年夏のことを指し、当時ドラマ『ザ・ホスピタル(原題:白色巨塔)』撮影で忙しかったジェリーの心境を表しているという。周囲の反対を押し切って見舞いに行ったジェリーは、“いくつもの飛行機を乗り継ぎ、やっとの思いでチーリンに会いに行った”と伝えられている。

 「愛し合う2人は苦しい時にただ会いたかっただけ。そんな簡単なことが、どうしてこんなにも難しいのだろう。抱き合って泣いた2人は、その抱擁が最後になるとは思っていなかった。悲しい思い出を告白してごめんなさい。でもこの悲しい恋は、僕の心に深く刻まれている」と書きつづっているジェリー。写真集では苦労して育ててくれた母親についても触れ、「僕の母はシングルマザーで、1人で僕と姉を育ててくれた。もしあなたが自分の家族を愛しているのなら、僕が家族を愛している気持ちを理解してほしい。僕の家族をどうぞ傷付けないでください」とファンに懇願している。「ホストになってお金を稼ぐ友人のことを知って興味を持った時、母は“自分の能力で稼ぐのは素晴らしいが、辛くてもいいからキチンとした道で収入を得るように”と強く言われた」過去を明かしたジェリーは、進むべき道を照らしてくれた母親に感謝しているという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

韓流ニュースランキング

韓流ランキングをもっと見る
お買いものリンク