哀川翔に直撃インタビュー、世界一マイナーなヒーロー『ゼブラーマン』の魅力

哀川翔に直撃インタビュー、世界一マイナーなヒーロー『ゼブラーマン』の魅力
2004年、誰も見たことのないスーパーヒーローエンターテインメントが誕生。そのヒーローこそ、さえない小学校教師が扮装する『ゼブラーマン』だった。スマッシュヒットを飛ばし、DVDセールスも好調、哀川翔が日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞するなど数々の記録を打ち立て、ブームを巻き起こした。<br>(サーチナ&CNSPHOTO)
       
2004年、誰も見たことのないスーパーヒーローエンターテインメントが誕生。そのヒーローこそ、さえない小学校教師が扮装する『ゼブラーマン』だった。スマッシュヒットを飛ばし、DVDセールスも好調、哀川翔が日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞するなど数々の記録を打ち立て、ブームを巻き起こした。

 あれから6年が経ち……待望の続編『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』が完成!「第二回沖縄国際映画祭」(2010年3月20日~28日開催)でワールドプレミアが行われ、主演の哀川翔が出席。プレミア上映後にインタビューに応じてくれた。

――沖縄国際映画祭に出席した感想を教えてください。

 いいレッドカーペットを歩かせてもらいました。みなさんが入場を喜んでくださったので、来たかいがあります。沖縄の人は熱いよね! ワールドプレミアでは小さな子どもたちまで喜んでくれて、かなりいい反応でした。

――6年ぶりのゼブラーマン復活ですが、続編の予定はあったのですか?

 全くなかった。でも3年位前、三池崇史監督と脚本家の宮藤官九郎さんと「もう1回やろうか」と話はしたんです。だけど形にはならなかった。実はその時監督がポロッと「やっぱりゼブラーマンですかね」って言っていたので、水面下で進んでデビュー25周年にぶつけて撮影が実現したという感じですね。

――哀川さんご自身も“やりたい”という気持ちでしたか?

 やりたいというより、“やるなら早くやろうぜ”という感じ(笑)。前作がものすごく大変でしたからね。その思いがパッとよぎったんです。でもまさか、25周年に浮上してくるとは思わなかった。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年4月21日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。