日本が測量船追跡で中国に抗議も、中国は「合法的」と反論

日本が測量船追跡で中国に抗議も、中国は「合法的」と反論
日本の共同通信社が6日に伝えたところよると、日本の岡田克己外相は6日夕方、在日本中国大使館の程永華大使を外務省に呼び、中国の海洋調査船が東シナ海の日中中間線付近で日本の海上保安庁の測量船を追跡した問題について、「我が国の主権を侵害するものだ」と抗議した。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0905&f=research_0905_001.shtml&pt=large">日中経済「良好」が大幅減、今後についても悲観的</a>(2006/09/05)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0817&f=column_0817_002.shtml&pt=large">熊谷征男:20世紀は米国、21世紀は中国の時代</a>(2006/08/17)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0816&f=column_0816_003.shtml&pt=large">平沢健一:中国ビジネスでは、とにかく勉強が必要</a>(2006/08/16)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0720&f=column_0720_004.shtml&pt=large">蘇州市副市長「現代版『魚米の郷』の実現目指す</a>(2006/07/20)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0626&f=column_0626_004.shtml&pt=large">野田光一「精鋭スタッフ送り、干渉は控えておだてる」</a>(2006/06/26)<br>"(サーチナ&CNSPHOTO)
 日本の共同通信社が6日に伝えたところよると、日本の岡田克己外相は6日夕方、在日本中国大使館の程永華大使を外務省に呼び、中国の海洋調査船が東シナ海の日中中間線付近で日本の海上保安庁の測量船を追跡した問題について、「我が国の主権を侵害するものだ」と抗議した。

 さら、に中国の海洋調査船の活動は妨害行為だと指摘、追跡された測量船が海底調査作業を一時中止したことについては「断じて受け入れらない」と述べた。チャイナネットが報じた。

 これに対して程永華大使は、「海洋調査船の活動は全く正当で合法的だ」と中国側の立場をはっきりと説明。外交部の姜瑜報道官も5日、「東シナ海と尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題における中国側の立場は一貫しており明確だ。中国の海洋監視船が関連の海域で法を執行する活動を行うのは全く正当で合法的であり、中国側はすでに日本側の測量船の活動について日本に交渉を申し入れた」と語った。

 中国海洋監視総隊の関係責任者は電話取材に対して、「中国の海洋調査船が日本の測量船を追跡した」との指摘はまったく不当で、日本のメディアが報道した中国海洋調査船は、実際は法律を執行する中国海洋監視隊の公務船舶「海監51」であり、国の関係部門が与えた職責に基づいて、中国海洋監視総隊は中国の全海域で権利維持、巡航、法律執行などの役割を担い、「海洋監視51号」は中国の管轄海域で巡航と法律執行の任務を実施しただけのことだと述べた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年5月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。