中国とFTA結ばなければ日本は沈没する-丹羽中国大使

 丹羽宇一郎新駐中国大使は23日、「日本は早急に中国と自由貿易協定(FTA)の協議をすべきだ。進めなければ、日本は沈没する」と述べた。チャイナネットが報じた。

 丹羽氏は23日、東京の外務省でメディアのインタビューに応じた。中国と台湾は6月29日に『両岸経済協力枠組協定(ECFA)』を締結し、韓国も中国との二国間自由貿易協定の締結に意欲を示している。長期にわたり、日本は中国、韓国との自由貿易協定の締結に努めてきたが、合意に達することはできなかった。

 丹羽氏は、「10年に及ぶ交渉をしてきたが、何の成果も得られていない。菅直人首相は早急に中国との協議に入るべきだ。日本は中国市場を失ってはならない」と述べた。

 丹羽氏は6月に、駐中国大使に抜擢されることが決まった。1972年の日中国交正常化以来、初の民間から起用された大使となる。

 丹羽氏は、「中国は経済と軍事の強国としての役割に適応しつつある。中国は自らの言動が全世界に大きな影響を及ぼすことを認識する必要がある」と述べた。東シナ海におけるガス田の日中共同開発の合意でも、楽観的にみているという。(編集担当:米原裕子)

【関連記事・情報】
日本人には難しい香港IPOへの参加を可能にするファンド=UW証券・林社長(2010/07/29)
中国人民銀行:マクロ経済政策の安定性と連続性を維持(2010/07/28)
穏当表現に修正か、IMF、人民元評価で意見割れる(2010/07/28)
日立建機は高寄り後もみあう、1Q業績が黒字転換も利益確定売り(2010/07/28)
セメント産業景気指数、第2四半期はほぼ変わらず(2010/07/27)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年7月29日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。