中国人が選ぶ“誠実そう”な地域…国内は北京など、海外はドイツ

 中国の雑誌『小康』はこのほど、清華大学メディア調査実験室と合同で、北京市、上海市、広東省、河南省、湖北省、安徽省、四川省、甘粛省、貴州省などを対象に「信用度」を問うアンケート調査を実施した。アンケートの中には「誠実なイメージの強い土地柄」などの項目もあり、北京や山東省、香港などが挙がった。鳳凰網などが伝えた。
 
 同誌は、中国のIT業界で著名な企業家、唐駿氏に持ち上がった学歴詐称疑惑の浮上をきっかけに、「カリスマのイメージ低下よりも、社会における信用度の低下の方が深刻だ」などとして、このほど調査を行った。

 同調査では主に、人間関係や企業、政府など3つの分野における「信用度」が調査されたほか、「身近にいる誰を一番信頼しているか」、「誠実そうな土地柄、外国」、「信頼できる職業」などが問われた。

 同誌は回答結果の詳細なデータは示さなかったが、2009-2010年度における中国の総合的な信用指数は61.7点と、前年度から0.6ポイント上昇したと発表。しかし、現代中国における信用度に対しては、約4割が「不満」を示すなど、自身や身近な人以外への「不信感」をぬぐいきれない結果も伝えた。

 また、「信頼できる人」の上位は、両親、兄弟姉妹、配偶者、友人、同級生、親せきなどが占めたほか、「信頼できる職業」には、軍人、農民、教師、学生、記者、「誠実なイメージの強い土地柄」には北京市、山東省、香港特別行政区、「信頼できる外国」にはドイツなどが挙げられた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2010年7月31日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら