深セン、経済特区の落日――次は政治特区か文化言論特区を

深セン、経済特区の落日――次は政治特区か文化言論特区を
8月26日は広東省深セン市経済特区ができてちょうど30周年ということで中国各紙が特集を組んでいる。しかし、祝賀ムードばかりの記事ではない。多くは深センの経済特区としての存在意義が薄れているという論調だった。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0621&f=politics_0621_001.shtml&pt=large">中国、国防動員法7月より施行 ただようきな臭さ</a>(2010/06/21)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0614&f=business_0614_043.shtml&pt=large">ストライキブームは中国の変革の予兆?ホンダの賃金引き上げが引き金に</a>(2010/06/14)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0607&f=national_0607_023.shtml&pt=large">天安門事件から21年、亡命した学生指導者の帰国はいつ?</a>(2010/06/07)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0531&f=politics_0531_009.shtml&pt=large">朝鮮半島情勢に、日中の危機感の差~国家としての未来は?</a>(2010/05/31)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0520&f=national_0520_038.shtml&pt=large">空回りする上海万博-「だまされた」「税金無駄遣い」の声</a>(2010/05/20)<br>"(サーチナ&CNSPHOTO)
       
 8月26日は広東省深セン市経済特区ができてちょうど30周年ということで中国各紙が特集を組んでいる。しかし、祝賀ムードばかりの記事ではない。多くは深センの経済特区としての存在意義が薄れているという論調だった。

 GDPひとつとっても、今は深センより天津などのほうが成長率がよっぽど高い。中国がWTO(世界貿易機関)に加盟し、東南アジア連合(ASEAN)とFTA(自由貿易協定)を結んだいま、中央政府が深センにあたえた特区としての優遇政策はだんだんありがたみが薄れてきた。今後は中国が世界の工場として対外輸出に頼る経済から、内陸部の市場拡大による内需に頼る経済に転換していこうとする中、香港に隣接しているとか、通関港があるといったことが、絶対的な地の利にならなくなってくるだろう。要するに経済特区はもう、中国に必要ないのだ。

 中国に今一番必要な特区は、政治特区、あるいは文化言論特区ではないだろうか。

 実は深センを政治特区にしようという計画はあった。実際、2008年5月に、深セン市は、「市長選差額選挙を実施するにあたっての意見聴取」をネット上で呼び掛けたことがあった。中国では、農村と一部の郷鎮レベルでしか直接選挙は実施されていない。深セン市のような大都市で直接選挙を実施したらどうなるか、それは壮大な実験になるはずだった。汪洋・広東省委書記はこのとき「政治特区ではない」と明確に否定したものの、政治学者は、事実上の「政治改革テストケース」になる予定だった。その後のリーマンショックによる世界的な金融危機と党中央内部での権力暗闘の影響でこの計画はとん挫した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「深セン + 観光」のおすすめ記事

「深セン + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年8月27日の中国記事

キーワード一覧

  1. 深セン 観光

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。