下着脱ぐのも就業規則? 生理休暇申請で会社が要求―中国

       
 女性マッサージ師が勤務中、生理痛のため休暇を会社側に申請したところ、本当かどうかを証明するためとして、会社側から下着まで脱ぎ身体検査を要求されていたことが明らかになった。会社側は服を脱ぐのも就業規定だと強弁したという。30日付で南方網が報じた。

 女性は服を脱ぐのは侮辱であると感じたが「検査を受けないと返さない」といわれ、涙しながらそれを受け入れたという。さらに検査現場には男性職員もいた。翌日、女性は退職願を出したが会社側は固辞するどころか、未就労時間分の賃金約1800元を支払うよう要求。あまりのひどさに女性は提訴を検討している。

 会社側は「下着を脱がせての検査は、職員全員に公平に義務付けている。また、女性は、規則通りに勤務時間分を払い戻しておらず、不当な退職だ」と主張している。(編集担当:中岡秀雄)

【関連記事・情報】
【中国人に聞く】生理の証明に下着を脱がせたことについて理解できる?(2010/09/01)
女子大生が車内で集団脱衣、「体、ほてってるのか」の声…中国(2010/08/11)
女子高生2000人が校庭でズボン脱ぐ、学校「服装令」に抗議…台湾(2010/03/19)
地下鉄車内で「ズボン脱ぐ若い男女」が続出、当局が禁止令―広東(2010/01/19)
パラグアイの巨乳美女、「スペインに勝ったら脱ぐ」で話題-中国(2010/07/03)
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年8月31日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。