外国女性の太ももからヘロイン1.2キロを押収-北京

 北京首都国際空港で6日、外国籍女性2人が1.2キロのヘロインを持って中国国内線に搭乗しようとしたところ、空港の安全検査担当官が発見、警察当局が押収し、女性2人の身柄を拘束した。同空港の麻薬押収量としては、2010年で最多。10日、中国の各メディアが報じた。

 6日午前8時、北京首都国際空港第三ターミナルで、安全検査担当官は、外国籍女性2人が太ももの内側に異物をまきつけているのを発見、すぐに通報した。当局到着後、外国籍女性2人のそけい部に122粒の顆粒物が確認され、後日その中にヘロインが入っており、計1.2キロ相当だったことが明らかになった。

 この外国籍女性2人は、北京発広州行きの国内線に搭乗しようとしていたという。国籍などは発表されていない。(編集担当:鈴木義純)

【関連記事・情報】
中国で逮捕された麻薬密売人、韓国人が最多で非難の声(2010/07/09)
紙幣に「ヘロイン売ります」の書き込み…密売の広告か=中国(2010/06/23)
ヘロイン1トンを押収、中国で過去最大の密輸事件=広東(2010/06/22)
中国人女子大生がヘロイン密輸を図る…福建・福州で摘発(2010/06/03)
邦人の死刑執行へ…日本政府姿勢に「理性的」の評価=中国(2010/03/31)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2010年9月11日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。