レアアース問題で、中国は「してやられた」=温家宝首相

 中国の温家宝首相は6日、ベルギーのブリュッセルで開かれた第6回中国・欧州商工サミットに出席し、レアアース(希土類)の問題に触れ、かつては中国のレアアース資源を安く大量に買いあさった国もあると指摘した。

 温首相は、自分自身も長く、レアアースの問題に携わってきたとして「この問題については、私にも発言の資格がある」と説明した。

 温首相によると、中国では1980-90年代、レアアースの管理が欠如しており、精錬技術もなかった。「管理面で最も混乱していた時期」だったという。そのため、「一部の国は中国から大量のレアアースを安い価格で購入し、現在でも備蓄がある」と説明。中国は体制や環境が整っていなかった時期に、レアアースの問題では、「外国に、してやられた」との考えをにじませた。

 温首相は、中国はレアアースにかんして「管理や規制はするが、“封鎖”はしない」、「駆け引きの材料につかうことはしない」などと述べた。

**********

◆解説◆
 尖閣諸島を巡る「事件発生」で、中国が日本に対してレアアースの実質的な「禁輸」を行ったことは、欧米先進国などに衝撃を与え、中国への不信感を増幅することになった。温首相がEUとの会議で「レアアース問題」に触れた、かなり詳しく説明したこと自体が、中国が同問題では「失点」したと認識し、あせっていることを示すと考えられる。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
中国首相「レアアースには管理と規制行う。“封鎖”はしない」(2010/10/07)
「レアーアース新鉱脈を確認、埋蔵豊富」…中国当局が発表、湖北で(2010/10/06)
内モンゴルにレアアース新会社、中投公司が80%超を出資(2009/09/24)
日中首相がベルギーで対話、「握手の姿」はなし=新華社(2010/10/05)
日本がレアアースをめぐって新たな動き、開発と供給ルート開拓(2010/10/03)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年10月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら