民主化要求は逆らえず―政治改革へ異例の提言=中国首相

 中国国務院の温家宝総理はこのほど、CNNの特別インタビューに応じ、金融危機、米中通貨論争、国内政治改革など微妙な話題について異例の発言を行った。

 「インターネットなどの言論の自由に対する規制が、中国が強国に成長することに影響を及ぼすかどうか」という問いに対し、温総理は、「『言論の自由』はいかなる国家にとっても欠くべからざるものだと考えている。私と中国国民は、中国が進歩を続けると信じている。民主と自由に対する人民の求めに抗うことは不可能だ」と話した。しかし、13億の人口を擁する大国にとって、民主的な開放プロセスにおける正常な秩序を維持することも必要とも付け加えた。

 温総理はまた、中国に対する諸外国の理解不足を訴えた。中国には4億人のネットユーザと8億人の携帯電話ユーザがおり、インターネットを利用して、批判も含めた自分の意見を正々堂々と述べることができる。総理自身も日常的にインターネットを利用し、政府に対する辛辣な意見と政府の方針を称賛する意見の両方を目にしているという。

 著名な政治評論家・林和立氏は、BBC中文網の取材に対し、「温総理がこの1、2か月間、政治に関するコメントを頻繁に行っているが、政治について語る共産党トップ層は極めて少ない」と話した。

 林氏は、「温総理は経済関連を主要任務としている。しかし、2012年の第18回全国人民代表大会全人代)後に引退する予定の温総理に、焦りが多少あることは否めない。総理は党トップ層が再び政治改革に着手することを切望している」と分析する。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年10月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら