日本政府「武器輸出三原則」の見直しを決定=中国メディア

 中国国際放送局によると、菅直人政府が「武器輸出三原則」の見直し検討を決めた。

 日本内閣は22日の役員会で、「武器輸出三原則」が直面している外部環境の変化について検討することで合意した。日本メディアの分析によると、政府が「武器輸出三原則」の見直しを決定したのは、おもに武器の開発と生産をめぐる国際的協力が日増しに深化しているからだとしている。

 日本に導入される見込みのある第5世代戦闘機『F-35ライトニングII』は米英など9カ国の共同開発によるものだが、「武器輸出三原則」の規制を受けて、日本はその開発に関する具体的な情報が入手できない。

 これより先、菅直人首相は8月の参議院で、「日本政府は引き続き武器輸出三原則を堅持する」と強調した経緯がある。(編集担当:村山健二)

【関連記事・情報】
ダルフール紛争で中国製弾薬、中国が国連報告書の公表阻止―VOA報道(2010/10/21)
三原則見直しで首相、武器輸出「基本理念変えない」(2010/10/14)
日本の対中防衛政策の調整に警戒せよ=中国社会科学院(2010/09/24)
武器輸出:自走砲で韓国1位、中国は4位…ロシアで研究発表(2010/09/03)
日本政府が軍用品の海外への販売を解禁か-シンガポール紙(2010/09/02)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年10月26日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。