ビビアン・スーが反中コメント?ビビアン名義の「偽文書」出回る

 東京国際映画祭での台湾に対する呼称に対し、中国側がクレームをつけた事件で、徐若〓(ビビアン・スー/〓は王へんに宣)が反論している「偽物の文章」が出回り、話題となっている。鳳凰網が伝えた。

 中国ネット上に出回っているツイッターと思われるキャプチャー画像では、ビビアンが「私は中国人ではなく、台湾人だ」としたうえで、「もう中国では活動したくない」と綴り、日本のファンに守って欲しいと呼びかける文章が綴られている。

 しかし、ビビアンの所属事務所によれば、キャプチャー画像にある文章はビビアンが綴ったものではないという。

 所属事務所は、キャプチャー画像は画像編集ソフトで作られたもので、誰が作成したのかは分かっていないが、ビビアンおよび所属事務所に多大なる損害をもたらすものであるとの見解を示した。ビビアンもすでに日本から台湾に戻っており、デマの情報が出回っていることに対して心を痛めているという。

 東京国際映画祭での台湾に対する呼称に対し、中国代表団が台湾代表団に対して「台湾」ではなく「中国台湾」、「中華台北」などの名称を使うよう要求したことで、ビビアンをはじめとする台湾代表団は開幕式に参加することができなくなった。

 ビビアンはグリーンカーペットを歩きたかったと語り、ブログで「泣きたいけど泣けない」、「自分たちでは解決できないこともある」と綴った。しかし、中国ネット上ではビビアンに対する反発の声が上がり、大手掲示板では8割以上のユーザーがビビアン・スーの中国本土での芸能活動排斥を支持すると表明していた。(編集担当:畠山栄)

【関連記事・情報】
中国で高まるビビアン・スー排斥の声、中国が東京映画祭で台湾に圧力(2010/10/27)
東京国際映画祭、「日本は歓迎ムード」と台湾メディアが報道(2010/10/26)
ビビアン・スーが映画祭イベントに笑顔で登壇し、テレサ・テンの名曲を熱唱!(2010/10/25)
グリーンカーペット不参加の東京国際映画祭…地元台湾の報道は?(2010/10/25)
「名称を中国台湾に」、中国、東京映画祭で台湾に圧力(2010/10/25)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年10月28日の韓流記事

新着トピックス

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。