日中両国は落ち着いて対話すべき=傅瑩外交部副部長

 中国網日本語版(チャイナネット)によると、外交部の傅瑩副部長は10月17日、仏国際関係研究所(IFRI)がモロッコのマラケシュで開催した第3回世界政策会議の期間中に仏紙「フィガロ」の独占インタビューに応じ、「日中両国には相互認識のプロセスが存在し、両国政府は落ち着いて対話を行い、民衆の利益に重視すべき」と語った。

 「日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りに中国は同意するか」という問いに対し、傅瑩副部長は「これは中国が賛成するかしないかの問題ではない。日本は中国にとって重要な隣国だ。日中間には解決しなければならない歴史問題があるが、互いに依存しており、ともに地域の平和と協力に力を入れている。協力とパートナーシップは問題の重要部分である」と述べた。

 また、日本との緊張関係の緩和に向けた構想の有無について、次のように語った。

 日中両国には相互認識のプロセスが存在する。歴史問題において、私の思いは多くの国民と同じだが、外交官として、日中関係を促進する唯一の方法はパートナーシップを深化させることだとわかっている。両国は過去の暗い影の中で生活するのでなく、公平な精神で目の前の課題を直視すべきだ。これは容易なことではないが、両国政府は落ち着いて対話を行い、民衆の利益に重視すべきである。(編集担当:米原裕子)

【関連記事・情報】
レアアースなどで日印協力…中国アンケ回答最多は「おどしだよ」(2010/10/28)
東京中国映画週間が諸説ある中で盛大に幕開け=中国メディア(2010/10/27)
【米国ブログ】日本と中国が戦争を始めたならば、米国は核兵器を使うか?(2010/10/27)
訪日中国人増加にブレーキ、日本観光業界は悲観ムード―中国メディア(2010/10/27)
インド専門家「日印協力で中国を手詰まりに」…レアアース問題など(2010/10/27)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年10月29日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。