交通事故:加害者の大学生が「顔を見た」被害者を刺し殺す=中国

       
 陜西省西安市内で10月20日午後10時40分ごろに発生した交通事故で、被害者の女性の直接の死の原因は、刃物で刺されたことが分かった。運転していた男は、倒れた女性に顔と自動車のナンバーを見られたので、捕まることを恐れて殺そうと考えたと認めた。中国新聞社が報じた。

 被害者の女性は26歳で、接客業に従事していた。電動自転車に乗って帰宅途中の夜、自動車にひかれた。警察が遺体を調べると、車にはねられたことが原因と見られる負傷以外に、刃物で刺された傷が8カ所あった。

 運転していた男は、いったん自動車を降りたが、しばらくして倒れる女性を放置して逃げようとした。そのころには、異変を知った群集が駆けつけ男の車を包囲した。その後、警察官が男の身柄を確保した。

 取り調べに対して、男は運転する車を女性にぶつけたことと、倒れた女性に顔と車のナンバーを見られたので、捕まることを恐れて、持っていた刃物で刺したことを認めた。

 男は大学3年生で専攻は音楽。裕福な家の出身で、自家用の高級車を運転していた。警察によると、女性は車にぶつけられたため、左足を骨折し、後頭部も負傷していたが、命にかかわる状態ではなかったはずという。女性の家には、結婚して4年の夫と、生後半年の長男が残された。

 陜西治本弁護士事務所の趙歓弁護士によると、容疑者には故意殺人罪が適用され、懲役10年以上、場合によっては死刑判決が言いわたされる可能性があるという。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
幼女はねたタンクローリー、バックしてひきなおす=中国(2010/10/13)
3歳児を4度“ひきなおした”運転手、警察判断「過失致死」=中国(2010/09/16)
トラックにひかれた女性、後続車数十台の下敷きに=内モンゴル(2010/09/15)
運転手「けがでは面倒」と、3歳児を何度もひいて殺した疑い=中国(2010/09/13)
女性教師が教え子に「恋敵の殺害」を依頼、誤って別人を襲撃―中国(2010/05/13)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年11月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。