性接待漫画は名誉棄損…少女時代とKARAの事務所が法的対応

 日本のインターネット上で広がった「Kポップブームねつ造説追跡」という漫画が、韓国の人気グループ「少女時代」と「KARA」をべっ視したとして、韓国メディアはこの話題で持ち切りだ。両グループの事務所も13日、「法的対応をする」との立場を表明し、波紋が続いている。

 12日に関連報道が始まると、たちまち「少女時代 性接待」が大手ポータルサイトの検索ワード1位に登場し、事務所が法的対応に踏み切った13日には「少女時代 法的対応」が検索ワード上位に名を連ねた。インターネット上でも同話題を取り上げたブログやサイトが続々と登場、怒りや非難の声が殺到した。

 「KARA」の所属事務所、DSPメディアは「検証されていない歪曲(わいきょく)と嘘(うそ)で、まったく事実ではない」、「きわめて扇情(せんじょう)的で、悪意に表現したのは明らかな名誉棄損(きそん)に該当する」などと批判、「事態を把握し、法的措置で強硬に対応する」と発表した。

 漫画の作者が「漫画の内容は取材をもとに描かれた」と主張していることについては、「事実の究明が必要不可欠で、韓国の歌手や韓流ブームを否定し、べっ視した点は非常に残念だ」と述べた。

 「少女時代」の所属事務所のSMエンターテインメントも「日本側の弁護士と対応策を議論している」とし、法的な対応に乗り出したことを明らかにした。

 2010年8月と9月に相次いで日本デビューを果たした「少女時代」と「KARA」は、そろって「第25回日本ゴールドディスク大賞」の新人賞を受賞。韓国で両グループは第2の韓流ブームの立役者的な存在で、彼女らが「性接待」をし、「裸のお尻ダンス」を踊っていると描かれた漫画に、韓国中が大騒ぎだ。(編集担当:金志秀)

【関連記事・情報】
「少女時代」の日本人ファンでっち上げか…韓国KBSに非難殺到(2010/12/20)
テコンド失格:台湾報道で韓国激怒…「少女時代」巻き込むな!(2010/11/22)
韓国アイドルの紅白出場はゼロ…本国で「Kポップをけん制」の声(2010/11/25)
少女時代が日本AVの表紙モデルに、韓国ネットユーザー激怒(2010/12/25)
「少女時代が性接待?」、台湾メディアの悪意的な報道にファン激怒(2010/11/05)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 少女時代 ソロ
  2. 少女時代 メンバー
  3. 少女時代 曲
サーチナの記事をもっと見る 2011年1月14日の韓流記事

「少女時代 + メンバー」のおすすめ記事

「少女時代 + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

「少女時代 + ソロ」のおすすめ記事

「少女時代 + ソロ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「TWICE」のニュース

次に読みたい関連記事「TWICE」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。