胡錦濤氏の権力、毛・トウ・江に及ばない、権力が拡散―米紙

 米ニューヨーク・タイムズ紙とワシントン・ポスト紙はこのほど、中国共産党における胡錦涛国家主席の実力に関する評論をそれぞれ掲載し、「胡錦涛主席の権力は、毛沢東、トウ小平、江沢民に及ばない」との見方を示した。中国共産党の権力が拡散していることが主な原因だとしている。

 16日付ニューヨーク・タイムズ紙は、「訪米間近、中国のリーダーの権力の限界が浮き彫りに」と題した記事を掲載。ゲーツ米国防長官が「胡主席は新型ステルス戦闘機のテスト飛行を知らされていなかった」と発言したことを挙げ、「胡主席は競争し合う勢力の間に挟まれ、情報から遠ざけられている」と指摘した。

 ワシントン・ポスト紙も、中国では多くの政策が、国の最高行政機関である国務院の直属組織ではなく、共産党の機関によって最終決定されていることを挙げ、「中国で“誰”が最終的に“どのような”政策を決定しているのか、見えにくくなっている」としている。「中国は今や、毛沢東やトウ小平のような剛腕の人物によってではなく、共産党の指導者集団によって治められている」と指摘した。

 中国では1997年のトウ小平氏の死後、権力の拡散が加速。レアアースの輸出問題などのように大型国有企業の利益が政治に影響を及ぼしていることや、人民解放軍が自主性を強めていることも、権力分散の現れとしている。また、2012年に中国共産党の指導部が入れ替われるが、次期リーダーとなる可能性がある者たちは、今の段階で“米国に媚をうっている”と見られることを避けようとしており、米中間の摩擦解消を難しくする一因となっている。(編集担当:中岡秀雄)

【関連記事・情報】
劉暁波氏の釈放要求、米中首脳、北朝鮮の挑発行動阻止(2011/01/20)
オバマ米大統領、中国に米国マーケットの成長を見る(2011/01/20)
胡主席訪米の手みやげ、米中間で経済協力協定を締結=中国商務省(2011/01/19)
中国人の9割が「米中関係は重要」、5割が「米中の友好は大切」(2011/01/17)
軍部と「意思疎通欠如」、ゲーツ氏、中国の文民統制に懸念(2011/01/14)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 胡錦濤 日本
サーチナの記事をもっと見る 2011年1月22日の中国記事

「胡錦濤 + 日本」のおすすめ記事

「胡錦濤 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「習近平」のニュース

次に読みたい関連記事「習近平」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「李克強」のニュース

次に読みたい関連記事「李克強」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。