日本人はなぜ猛毒のフグ食べる=中国で紹介「美味だから!」

 中国メディアの青島新聞網はこのほど、「日本人はなぜ猛毒のフグを食べるのか?」と題する論評記事を掲載してた。「1つ間違えると命にかかわる危険な食べ物、フグを日本人はなぜ好んで食べるのだろうか」と疑問を示した上で、「美味だから」と結論づけた。

 日本は世界でもっともフグを食する国だと指摘。「東京だけでも1500軒以上のフグ料理店が存在する。フグを食べることは、江戸時代にはすでに広まっていた」、「現代の日本では、冬のフグは最高に美味(びみ)なことから、味覚の王様とも称される」と紹介した。

 「刺身のほか、空揚げ、焼き物、鍋などにして食されるほか、フグヒレ酒もポピュラーな飲み物だ」と、さまざまな料理の写真を掲載しながら、フグのおいしさを紹介。「フグの精巣を日本酒に浸した白子酒は、香り豊かな絶品」と激賞し、「店のランクにより、フグ料理の値段は6000円から2万円までとさまざま。初めての日本旅行でフグを楽しみたいというなら、8000円くらいの店が妥当だ」と紹介した。

 続けて、「フグにはテトロドトキシンと呼ばれる、青酸カリの1000倍の猛毒が含まれている。卵巣、肝臓、胆嚢(たんのう)などに含まれ、加熱しても壊れることはない」と、フグの危険性について触れる一方、「ほかの部分には毒素がないため、きちんと調理すれば、安心して食べることができる」と紹介。

 記事は最後に、日本でフグ食文化が発達したことから逆に、「場合によっては命を落とす危険もあるフグが、どれほどおいしい魚であることが分かる」と結論づけた。(編集担当:畠山栄)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年2月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。