「謎の地下室」で爆発…マンション1階ベッドルーム直下=武漢

 湖北省武漢市内にあるマンション1階で2日午後1時ごろに発生した爆発が、実際には住人も知らなかった「地下室」で発生していたことが分かった。同爆発で火災が発生した。けが人などは伝えられていない。楚天金報などが報じた。

 爆発が発生したのは7階建てマンションの1階。住人は寝室として使っていた。爆発で床板が吹き飛び、その下に大きな空間があったことが分かった。1辺2メートルほどの四角形で、地下室状という。10年ほど前に部屋を購入したという住人は、「こんな部屋があったとは知らなかった」と話した。

 「地下室」のそばにガス管などは通っておらず、都市ガスが爆発した可能性はないという。長期間にわたってたまったメタンガスが爆発したとみられるが、なんらかの爆発物が置かれていた可能性もあるという。

 爆発により寝室が破壊され、窓ガラスが吹き飛んだ。火災が発生して家具などが燃えたが、駆けつけた消防が消し止めた。

**********

◆解説◆
 中国ではしばしば、「わけの分からないつくり」の建物がある。特に1980年代または90年代初頭までに築かれた建物に多いとされる。北京市内では1980年代末期、外国人用マンションの工事で、内装の段階になって多くの部屋のシャワールームの排水口が「行き止まり」になっていることが見つかった。

 編者が宿泊した地方都市の古いホテルでは、シャワー用の熱水のパイプが水洗式トイレにつながれていた。実害はなかったが、トイレを使用するたび、熱水のためことさらにに立ちのぼる臭気に閉口した。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
地下鉄工事で地層にセメントを加圧注入…民家内に噴出=北京(2010/11/26)
マンションぼろぼろに…施工業者「よく分からず工事した」=中国(2010/12/30)
リビングの天井が突然「落下」…2歳児も危機一髪=中国(2011/01/07)
住民こぞって「危ない橋」渡り続けて4年、ついに崩落=中国(2010/12/27)
四川のつり橋落下、負傷者30人超に…観光客とびはねケーブル断裂(2010/02/15)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年2月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。