スーパーで3歳児誘拐、まもなく保護、人身売買目的―福州福清

 福建省福州市福清市江下鎮のスーパーで先月末、3歳の男児が行方不明になる事件が起き、通報を受けた現地の国境警備所が速やかに検問体制を敷き、誘拐容疑者を逮捕し、男児を無事救出した。8日、温某源容疑者が警察によって正式に逮捕された。東南快報などが伝えた。

 先月30日午前9時ごろ、福州江下警備所は、楊を名乗る男性から、「龍盛スーパーで、3歳になる息子の行方が分からなくなった」と通報を受けた。

 警察の捜査、沙埔鎮龍洋村の養殖場で最近働き始めた温某源が容疑者として浮かび上がった。警察が温容疑者の動向を調べた結果、住まいの高山鎮のバス停から男の子を連れてバスに乗りこもうとした温容疑者が警察に捉えられ、男の子は無事助け出された。

 温容疑者は容疑を全面的に認めている。警察は人身売買目的とみて、犯行の動機について温容疑者を追及している。(編集担当:松本夏穂)

【関連記事・情報】
“物乞い児童の解放・救済”ネットが中国の警察・政府を動かす(2011/02/09)
誘拐後、硫酸などで障害者にして物乞いさせる…中国・児童虐待(2011/02/08)
(ネタバレ注意)アニメ「フラクタル」第4話、速やかなる制圧(2011/02/05)
女性の誘惑で香港人社長を誘拐、身代金で釈放も警察に通報せず(2011/02/03)
驚愕!中国、2900元で買った嫁を4000元で転売(2011/01/31)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年2月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。