重慶でホテル火災、パトロール中の武装警察が誘導し300人避難

 中国・重慶市内のホテルで15日、火災が発生し、300人が避難する騒ぎがあった。付近を巡回していた警官隊の素早い行動によって、宿泊客らは全員無事だった。中国広播網が伝えた。

 15日の夕方4時55分、重慶北駅の駅前広場を巡回していた武装警察官20名が、北駅賓館の近くにさしかかった時、ホテルの一階にあるレストランから煙が上がり、中から人々が慌てふためいて走り出てくるのが見えた。

 とっさに火事だと判断した警官らは、ただちに救援活動を開始。ホテルの利用客と野次馬を安全な場所に避難させ、レスキュー隊を現場に誘導し、消防と協力して逃げ遅れている人の捜索にあたった。

 懸命の救援活動の結果、午後5時25分に鎮火。警官らの勇気ある行動によって、死傷者も出ず、火災による損失も最小限に抑えられた。(編集担当:中岡秀雄)

【関連記事・情報】
「謎の地下室」で爆発…マンション1階ベッドルーム直下=武漢(2011/02/10)
瀋陽のホテル火災、「死傷者なし」と発表…爆竹・花火が引火(2011/02/03)
瀋陽の高級ホテルが大火災、炎に包まれる…年越しの爆竹・花火原因(2011/02/03)
ジェイアイ傷害火災、訪日外国人向けアシスタンスサービス付加した「インバウンド保険」を販売(2010/07/14)
テレビ局の高層ビル火災 80%が焼損した?北京市(2009/02/10)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年2月17日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。