病院釈明「日光浴」…職員が救急車で川原に行きバーベキュー=中国

 中国のインターネットで、「四川省宜賓市にある病院の関係者が救急車を使い、川原に行きバーベキューをしていた」との写真と文章の投稿があり、批判の声が高まった。病院側は、「慰安活動の一環で。職員が“日光浴”などのため川原に行った」「他にも救急車はあり、予備の救急車を使った」などと釈明した。中国新聞社が報じた。

 インターネットへの投稿には、救急車を「娯楽」に使った以外にも、「ごみを投げ散らかしたまま立ち去った。環境意識のかけらもない」との批判も掲載された。同投稿に応じ、批判・非難の書き込みが相次いだ。

 中国では、医療機関が保有する救急車が多い。問題の救急車は産婦人科や小児科専門の医療・保健機関である宜賓婦幼保健院の保有と分かった。

 幼保健院は、「調査の結果、指摘を受けた出来事は3月5日に発生した」と説明。「3月8日の女性の日(婦女節)に関連して同省成都市で5日に開催された行事に参加することになったが、病院には救急車以外に使える自動車がなかった」、「救急車は計3台あり、通常は2台を使用。(5日に)使ったのは予備用だった」などと説明した。

 病院側の説明によると、一部の人が、川原に救急車で乗りつけ、「日光浴」をしたという。批判が高まったことに対しては「この問題から逃げるつもりはない」、「今後は、車両の管理を強化し、規則にのっとて使用させるようにする」と表明した。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
女医数人、しこたま酒飲み救急車で勤務病院まで送らせる=中国(2010/08/02)
院長「救急車を搬送に使うな」、自分を送迎させ患者は死亡=中国(2010/07/12)
救急車“酒酔い”で通行人を襲う―杭州で死者・南京でも事故(2010/02/26)
モグリの救急車が横行、遺体搬送ビジネスも―湖南(2009/02/25)
怪しい救急車を発見、中から「旅行客」ぞろぞろ―広東(2009/01/28)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年3月29日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。