汚職官僚の低年齢化、「35歳現象」が鮮明に=中国

 中国で、汚職に手を染める官僚の低年齢化が目立つ。中国新聞社などが報じた。

 官僚の汚職で、一時は「59歳現象」などと言われた。ある程度権力を持った官僚が60歳の定年引退を目前に、不正に金品を手に入れようとする事例が相次いだからだ。

 ところが最近は汚職の低年齢化が進んでおり、「35歳現象」とも言える状況が鮮明になりつつある。北京市西城区検察院によると、2005-2010年に同検察院は35歳以下の容疑者22人が絡む職務絡みの犯罪案件18件を扱った。案件数では139件のうち12.9%に相当する。

 35歳以下の容疑者の場合、◆高学歴で手口が巧妙◆大胆で1回の犯罪で多額の金品を得ようとする――などの特徴がある。2005-2010年に摘発された18件中でも、規模が大きな「特大案件」、「大案件」に分類された事件が、83%を占めるという。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
ピカピカの1年生「大人になったら汚職官僚になりたい!」―中国(2009/09/04)
「子どもが汚職官僚になりたいと言う。恐ろしいこと」=中国元閣僚(2011/03/14)
汚職容疑で失脚の中国閣僚に「愛人18人、収賄127億円」の見方(2011/02/16)
もはやニュースでない…河南の交通庁長官、4人目の「汚職・失脚」(2011/01/06)
中国で学歴偽造“ビジネス”繁盛、出世のため飛びつく官僚(1)(2010/07/13)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年4月12日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。