ガス充填所で爆発…火の玉と化したボンベが次々に空へ=北京

 北京市昌平区にあるプロパンガス・ボンベの充填(じゅうてん)所で5日午前8時ごろ、爆発が発生した。“火の玉”となったボンベが次々に打ちあがり、飛んだという。同事故で充填所の建物2棟が倒壊し、自動車2台が燃えた。死傷者は出なかった。新京報が報じた。

 事故現場は昌平区陽坊鎮四家荘村にある北京四聯液化気供給ステーション(ガス充填所)。作業員が誤って漏らしたガスの濃度が徐々に上がり、一定量に達してから静電気の火花が引火したと見られている。

 ガス充填所の敷地面積は約1ヘクタールで、最大容量1トンの液化ガスタンク8基、建物2棟があった。

 近くの住民によると、充填所から2、3秒おきに「バン!」、「バン!」という爆発音が連続して聞こえはじめたので、事故発生と分かった。近づいて見ると、「火の玉」が次々に飛び出してきた。一部は周辺民家の敷地内に落下し、「火の玉」の正体が、燃えるガスボンベと分かったという。

 8時20分ごろには警察や消防、安全監督管理局職員、市行政関係者が到着。消火活動に着手すると同時に、危険地域から住民を避難させた。1時間後には、火の勢いは衰えたという。

 充填所の建物2棟は爆発で倒壊。トラック1台とワゴン車1台が、「スクラップ同様」の姿になった。近くに住む女性によると、爆発音が響くたびに地面や家全体が震えた。子どもの手を引いて、数十メートル先の空き地まで全速力で逃げたが、家に戻ってみると壁に無数のひび割れができていた。住人の多くが家から逃げ出したという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2011年6月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら