中国で革命体育祭…競技はトーチカ突撃の「爆弾勇士」など

中国で革命体育祭…競技はトーチカ突撃の「爆弾勇士」など
甘粛省慶陽市でこのほど、「第2回全国紅色運動会」が開催された。かつての共産党軍の戦いぶりを再現した競技種目で、奮闘精神を改めて学ぶ目的がある。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0607&f=national_0607_185.shtml&pt=large">【中国ブログ】第二次世界大戦、わが軍人は大したことしていない</a>(2011/06/07)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1210&f=politics_1210_006.shtml&pt=large">中国次期指導者が「愛国教育」を肯定=習近平副主席</a>(2010/12/10)<br>"(サーチナ&CNSPHOTO)
       
 甘粛省慶陽市でこのほど、「第2回全国紅色運動会」が開催された。かつての共産党軍の戦いぶりを再現した競技種目で、奮闘精神を改めて学ぶ目的がある。中国新聞社が報じた。

 写真左に見える審判員は当時の軍服を再現して着用している。選手も軍服を着用した競技もある。

 写真は、爆弾を抱えて敵のトーチカの窓に押し込む競技。中国では、1948年5月25日に東北地方をめぐる戦いで、19歳の人民解放軍兵士が国民党がたてもこる橋を改造したトーチカに爆薬を抱えて突撃して自爆、トーチカを破壊するとともに戦死した話が美談として伝えられている。

 同様の話は日本軍にもあり、1932年の上海事変の戦いで、陸軍独立工兵第18大隊の上等兵3人が、敵陣突破のため点火した破壊筒を持って突入して爆死した。当時は愛国心・戦意高揚のためにもてはやされ、「爆弾三勇士」などとして映画や舞台作品が作られ、小中学校の運動会の競技種目にもなった。現在では、自爆を前提にした突撃ではなく、一種の事故だったとの説もある。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
「聖なる革命劇」パロディー動画、ウルトラマンと“合体”=中国(2010/11/29)
【中国ブログ】第二次世界大戦、わが軍人は大したことしていない(2011/06/07)
【中国ブログ】革命歌は豚の脳の産物…共産党を徹底罵倒(2011/05/19)
市民全員が革命歌36曲覚えよ…テレビで繰り返し放送=中国(2011/04/20)
中国次期指導者が「愛国教育」を肯定=習近平副主席(2010/12/10)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。