中国が対戦車兵器「SADARM弾」を開発=米軍事サイト

       
 米軍事サイト、ストラテジーページは23日、中国が対戦車兵器「SADARM弾」を開発したと伝えた。直径147ミリ、長さ204ミリのこの小型装置は重量が10キロ。155ミリの砲弾に2発、455キロのクラスター爆弾(CBU-105)に40発組み込むことができる。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 SADARMの一つひとつにレーダーと熱センサーがついており、戦車を探知、特殊爆弾で戦車を破壊することができる。落下の際に、センサーが150メートル×360メートル範囲内の車両を探知し、攻撃する。

 SADARMは「センサー起爆爆弾」とも呼ばれ、1960年代から構想が練られていたが、80年代にそうした技術がようやく開発された。SADARMが使用している金属弾丸は米製M1戦車など天井が薄い戦車を貫通することができる。また目標が見つからなければ自爆する。

 1991年の冷戦終結によってSADARMの開発は進められなくなった。しかし90年代末に一部のSADARMが生産された。安価で容易に大量の戦車を破壊できる兵器ではあるが、それを必要とする国はそう多くない。

 しかし中国はロシアとインドという潜在的な敵をもつ。中国は露印両国と国境問題を抱えているうえ、どちらも巨大な戦車部隊を有している。これまで中国は砲弾版のSADARMを展示していたが、今回は米国の技術を利用した独自のSADARMを開発した。

 その設計理念と技術はすでに公になっているが、信頼性の高い兵器を製造するにはまず細かい工学問題を解決しなければならない。そのため米国版の実際の工学データは中国にとってかなり有益なものだといえる。(編集担当:米原裕子)

【関連記事・情報】
自国生産の中国抜く、インドが最大の兵器輸入国に(2011/06/07)
日本政府が原発事故の説明会、「核兵器隠ぺい疑惑」を否定=中国紙(2011/04/22)
中国初の核兵器開発工場跡が国家級観光地に=中国メディア(2011/04/04)
中国の衛星攻撃兵器の開発、米国防総省高官が憂慮(2011/02/08)
中国消防の最終兵器!ジェット機のエンジンを使った「ウォーター・バズーカ」(2011/02/02)
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。