第1四半期の経常収支、黒字21%減に=中国

 国家外貨管理局はこのほど、2011年第1四半期(1-3月)の国際収支バランス表の修正データを発表した。経常収支は前年同期比21%減の288億ドルで、資本・金融収支は同41%増の861億ドルだった。5月に発表された暫定数値を共に下方修正した。12日付中国証券報が伝えた。

 修正後の第1四半期の貿易収支は208億ドルの黒字で、サービス収支も87億ドルの黒字となった。所得収支は51億ドルの黒字、経常移転も116億ドルの黒字だった。

 一方資本収支では、資本・金融項目の黒字は同41%増の861億ドルで、このうち直接投資が448億ドル、証券投資が27億ドル、その他が425億ドルだった。

 国際準備資産は1412億ドルの増加で、このうち外貨準備高が1380億ドル、IMF(国際通貨基金)の国際準備資産が32億ドルだった。SDRは1億ドルの減少だった。

 5月の暫定データでは、経常収支が同18%減の298億ドル、資本・金融収支が1114億ドルとなっていた。(編集担当:浅野和孝)

【関連記事・情報】
上場証券会社13社の総売上、1割以上の減少=中国(2011/07/12)
中国の地方債入札、3年債は札割れ 流動性不足響く(2011/07/12)
無通電地区を解消し農村500万人に電力を供給=中国(2011/07/12)
穏健な通貨政策継続が必要、経済構造の転換も―人民銀の夏斌所長(2011/07/12)
6月のCPIは6.4%上昇、今がピークとの見方も(2011/07/12)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年7月13日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。