謎の飛行物? 重慶空港が突然閉鎖、空港側はダンマリ―中国

 重慶市の江北空港で17日午後、突然滑走路が1時間ほど閉鎖され複数の飛行機が近隣の空港に目的地を変更するというハプニングが発生した。空港側は閉鎖の原因について全く説明せず、「謎の飛行物体が上空を漂っていた」との情報がネット上で流れた。重慶晨報が伝えた。

 現地時間17日正午過ぎより、全国各地から重慶に向けて飛んでいた飛行機が次々と西安、貴陽などの近隣空港に着陸した。実際に乗っていたネットユーザーが次々とその様子を「報告」した。

 あるネットユーザーによると、昼過ぎから午後2時ごろまで1時間以上滑走路が閉鎖されたという。ネット上では「滑走路上空に謎の浮遊物が現れた」との情報が流れ、閉鎖の原因を巡って「気球だ」「風船だ」「UFOだろう」と議論が巻き起こった。

 突然空港の滑走路が閉鎖した原因や当時の状況について、空港側は「答えられない」と語るに留まっており、真相は謎に包まれたままだ。(編集担当:柳川俊之)

【関連記事・情報】
中国当局「旅客機はドア閉め30分内に離陸」…会社側「ほぼ無理」(2011/08/16)
飛行機内で携帯使用、乗務員に従わず罰金=中国・エリート女性(2011/08/05)
飛行機遅延で八つ当たり、乗客らが警官に暴行―中国・深セン(2011/07/16)
上海空港ロビーで周辺住民が座り込み、騒音対策の約束無視され怒る=中国(2011/07/12)
酔った男が旅客機の窓ガラス叩き割る…「暑い、開けろ」=中国(2011/06/29)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年8月18日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。