アフリカをめぐって争う中印、印はソフトパワーで友好狙う=米国

       
 過去数十年にわたって、中国はアフリカに対して大量の無償援助を行ってきた。中国と同じ新興国であり、発展を続けるインドだが、アフリカへの影響力は中国には及ばないが、米CNNニュースによると、インドはソフトパワーと国家の優勢を生かして、アフリカとの友好関係を勝ち取ろうとしているという。環球時報(電子版)が報じた。

 中国はアフリカに対し、インフラ建設支援や無償援助を行い、アフリカ諸国は中国企業に天然資源の採掘権を提供するなどして、中国とアフリカ諸国の貿易は盛んになっている。一方、インドは石油や天然ガスなどの資源事業の競争入札で中国と直接争うだけの力を持たない。

 しかし、インドはソフトパワーでアフリカ諸国との友好関係を勝ち取ろうと計画している。インド政府関係者はアフリカの指導者に対し、「植民地支配に抵抗する共通の努力を胸に刻むとともに、アフリカの国家がインドの企業家に情報産業市場の発展と人材を提供してくれたことに感謝する」と表明した。インド当局はこれを「アフリカの国家に好感を持ってもらうためのささやかな努力に過ぎない」と称している。

 ニューデリーのシンクタンク「政策研究センター」のブラマ・チェラ二ー博士によると、「インドはアフリカの良きパートナーとなるべく努力すると同時に、アフリカを最大の共同利益を共有できると見ている。今後、インドが中国を抜き、建設的かつ積極的な役割を果たす可能性は大きい」と指摘している。(編集担当:及川源十郎)

【関連記事・情報】
「アフリカの飢餓、中国企業への農地売却が原因」に中国が反論(2011/08/26)
対アフリカ慈善事業で疑惑、富豪絡みツイッターで炎上=中国(2011/08/18)
東アフリカの飢饉、中国への農地売却も一因=独政府高官(2011/07/29)
中国漢龍鉱業が豪州企業を買収、西アフリカの大鉄鉱山を入手(2011/07/21)
中国商務部、アフリカでの新植民地主義の非難に反論(2011/07/17)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。