社長の逃亡を阻止、地方で高額債務者の監視を強化へ=中国

 内モンゴル自治区オルドス市は5000万元(約6億円)以上融資を受けている者に対する監視を行っていくという。浙江省温州市で借金を返済できずに逃走する社長が多くなり、資金ショートの末、連鎖的な金融危機に陥っていることに対して、同市でも警戒を強めた結果だという。

 民間貸出や非合法含めた高利貸に対する監視も合わせて強化する。中国現地で報道されているのはオルドス市だけだが、ほかの地域でも類似のリスクのある自治体では、同じような対応が取られる可能性がある。

 オルドス市は当初1000万元(約1億2000万円)以上の融資を受けている者としたが、あまりにも多人数に上り、監視ができないことから、金額を引き上げた。5000万元融資を受けている者で、それを実業に投下している者に対しては、追加支援含めて支えていくことも検討する。逆に、投機的な運用が発覚した者は、資産の凍結、清算の強制執行も視野に入れる。

 「銀行以外から借り入れているものは、多かれ少なかれ投機に流れているはず。もともとは実業への投下を考えたとしても、生産コストの高まりから実業が割に合わず、うまみの大きい不動産売買などに転じることはよくある。今回の措置は、実質的に非銀行経由の高額債務者に対する監視強化、そうした社長の逃亡阻止と言える」(業界関係者)という。

 中国メディアによれば、オルドス市現地では、まだまだ楽観的な向きも多いという。しかし、温州市のケースでも発覚後半月で、温家宝首相自ら現地視察するほどの重大事に発展しており、オルドス市に限らず、中国各地予断を許さない状況になっている可能性もある。...続きを読む

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年10月12日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。