【中国】9月CPI上昇率は6.1%…高い水準、おさまらず

 中国政府・国家統計局は14日、2011年9月の物価変動を発表した。消費者物価指数(CPI)は前年同期比で6.1%の上昇とした。中国のCPIは年間の上限目標とされている4%を大幅に上回る状態が続いている。6月から4カ月連続で6%を超えた。

 中国の月別CPI上昇率は2011年1月、2月がいずれも4.9%だった。3月は5.4%と2年8カ月ぶりの高水準だった。4月は5.3%とわずかに下落したが、5月は5.5%、6月は6.4%と再び上昇をしはじめた。7月は6月の上昇率をさらに上回る6.5%の上昇、8月は6.2%の上昇だった。

 9月の都市部におけるCPI上昇率は5.9%、農村部は6.6%だった。

 食品価格の上昇率は13.4%で、非食品価格は2.9%の上昇だった。
 食品価格のうち、穀物類は11.9%の上昇だった。肉類と食肉加工食品は28.4%の上昇だった。うち豚肉は43.5%の上昇だった。豚肉だけでCPIを1.24ポイント押し上げたという。

 主要商品別の価格上昇率は以下の通り。

【食品類】
・穀物類…+11.9%
・肉類…+28.4%%
(うち豚肉は+43.5%)
・卵類…+14.2%
・水産品…+14.1%
・生鮮野菜…+2.1%
・生鮮果実…+6.2%
・食用油…+18.0%

【非食品類】
●たばこと酒類…+3.4%
・たばこ価格…+0.4%
・酒類価格…+7.9%

●衣類・靴類…+3.2%
・衣類価格…+3.4%
・靴類価格…+1.8%...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2011年10月14日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。