【中証視点】中国各銀行が巨額利益でわが世の春、企業は青息吐息

【中証視点】中国各銀行が巨額利益でわが世の春、企業は青息吐息
第3四半期(7-9月)報告書の発表ラッシュも終わりに近づいている。各上場企業の同期業績データを見ると、今年上半期や昨年と比べると「立派」とは言い難い。しかし、上場企業の利潤が全体的に減少している状況のもと、銀行業だけは、営業収入や純利益のみならず成長率においても、再び「鶏群の一鶴(ずば抜けた業績)」を達成した。 <br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0728&f=business_0728_147.shtml&pt=large">世界最強の通貨「円」、中国経済にも悪影響</a>(2011/07/28)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0902&f=business_0902_105.shtml&pt=large">じわじわ減速する中国経済、マクロ政策大きなヤマ場</a>(2011/09/02)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0930&f=business_0930_120.shtml&pt=large">石炭需給ひっ迫ようやく改善も、危うい綱渡り続く</a>(2011/09/30)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0929&f=business_0929_120.shtml&pt=large">中国がスマートグリッドに本腰、整備に18兆円投入</a>(2011/09/29)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=1010&f=business_1010_016.shtml&pt=large">中国ゴールデン・ウィークに「金」購入盛り上がる</a>(2011/10/10)<br>"(サーチナ&CNSPHOTO)
 <中国証券報>第3四半期(7-9月)報告書の発表ラッシュも終わりに近づいている。各上場企業の同期業績データを見ると、今年上半期や昨年と比べると「立派」とは言い難い。しかし、上場企業の利潤が全体的に減少している状況のもと、銀行業だけは、営業収入や純利益のみならず成長率においても、再び「鶏群の一鶴(ずば抜けた業績)」を達成した。

◆15行の純利益総額、約6900億元を実現

 統計データによると、15の上場銀行が第3四半期報告書を発表した。15行の純利益総額は前年同期比31.6%増の約6900億元、成長率が30%を上回ったのは12行。純利益の成長率トップは民生銀行の64.42%、最小の中国銀行でも22%以上だった。

 5大国有銀行のうち、中国工商銀行の税引後利益(純利益)は1640億元、「最も多く稼いだ銀行」の座をキープした。第2位以下は順次、中国建設銀行(1392億700万元)、中国農業銀行(1007億7600万元)、中国銀行(1012億8400万元)、交通銀行(384億1600万元)。成長率ランキングでは、農業銀行が引き続きトップで前年同期比43.59%増。その他4行の成長率は20%から30%だった。

 株式制銀行の成長率は国有銀行をしのいでいる。南京銀行の28%を除き、その他株式制銀行の第3四半期純利益成長率は軒並み30%以上。上位3行は順次、民生銀行(64.42%)、深セン発展銀行(63%)、華夏銀行(44.42%)。その他は30%から40%の成長率となった。...続きを読む

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年10月31日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。