道徳の「大躍進」だ! 孝行児童100万人計画に批判の声―中国

 道徳観の欠如を指摘する声が高まっている中国で、ある学会が「5年間で100万人の孝行児童を育てる」というプロジェクトを立ち上げた。中国新聞網は「形式主義だ」とする批判的な記事を掲載した。

 10月30日、中国倫理学会の慈孝文化専門委員会が「中華小孝子育成プロジェクト」を始動した。主に4-6歳の児童をターゲットとし、生活の中に孝行心教育を融合させることで「5年間で100万人の孝行児童を育成する」という。

 記事は「完全に形式的なプロジェクトだ」と指摘。理由に、一朝一夕では育たない道徳心をまるで工場の製造ラインのごとく短期で大量生産しようとしていること、勉強の成績と孝行心を短絡的に結び付けていることなどを挙げた。また、「全国の児童の模範とすべく」という目的についても「模範となるべきはわれわれ大人だろう」と疑問を呈した。

 記事はさらに、「現実離れも甚だしい」「道徳の『大躍進』を想起させる」など、ミニブログ上に書き込まれたネットユーザーの意見も紹介した。(編集担当:柳川俊之)

【関連記事・情報】
政府、「劣等生に緑スカーフ」の小学校を強く批判―中国(2011/10/22)
たばこ吸う3歳男児、おもしろがって与える大人=山東(2011/10/12)
8歳で脂肪肝、13歳で糖尿病―中国で「ぜいたく病」が深刻化(2011/10/03)
「死ねば宿題せずにすむ」…中国で小学生3人が宿題を苦に自殺未遂(2011/09/21)
「臓器売りのiPad少年」産んだ社会の病巣を暴く―中国(2011/06/09)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2011年11月1日の中国記事

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。