【中証視点】中国経済はクラッシュ回避、中小企業は自助努力せよ

【中証視点】中国経済はクラッシュ回避、中小企業は自助努力せよ
5日開かれた「搜狐企業家フォーラム2011年会」で、出席した専門家の多くが、中国経済にハードランディングの恐れはなく、ソフトランディングに向かっているとの認識を示した。中小企業の経営環境が悪化していることについては、中小企業が自ら自身に合った発展の道を探すべき、との声があった。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0728&f=business_0728_147.shtml&pt=large">世界最強の通貨「円」、中国経済にも悪影響</a>(2011/07/28)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0902&f=business_0902_105.shtml&pt=large">じわじわ減速する中国経済、マクロ政策大きなヤマ場</a>(2011/09/02)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0930&f=business_0930_120.shtml&pt=large">石炭需給ひっ迫ようやく改善も、危うい綱渡り続く</a>(2011/09/30)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0929&f=business_0929_120.shtml&pt=large">中国がスマートグリッドに本腰、整備に18兆円投入</a>(2011/09/29)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=1010&f=business_1010_016.shtml&pt=large">中国ゴールデン・ウィークに「金」購入盛り上がる</a>(2011/10/10)<br>"(サーチナ&CNSPHOTO)
 <中国証券報>5日開かれた「搜狐企業家フォーラム2011年会」で、出席した専門家の多くが、中国経済にハードランディングの恐れはなく、ソフトランディングに向かっているとの認識を示した。中小企業の経営環境が悪化していることについては、中小企業が自ら自身に合った発展の道を探すべき、との声があった。

◆ハードランディングの恐れなし

 中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策委員会の委員で、清華大学中国世界経済研究センターの主任である李稻葵氏は、2012年の中国の国内総生産(GDP)成長率が前年比で8.5%に減速するとの予想を示したが、これは今年の予想成長率の9.2%より0.7ポイント低い。中国は今後2、3年は緊縮した経済政策を続けるべきであり、将来は主に国際経済環境に基づく微調整が行われる」との見方を示し、「適度な成長ペースという環境を作ることが最も適切な改革だろう」と述べた。

 12年のインフレ率については、穀物価格の上昇圧力に比較的はっきりとした緩和がみられるとして、2.8%に低下すると予想。インフレ圧力が大きく和らぐとの見方を示した。貿易黒字については、縮小或いはゼロに近づき、基本的に貿易均衡を達成すると予想した。

 中国国民経済研究所の樊鋼所長は、「中国経済にハードランディングの懸念はなく、今はソフトランディングに向かっている」と指摘。「GDP成長率は今や約9%に低下し、今後さらに低下するだろう」と述べた上、来年の成長率が8.6~8.7%になるとの予想を示した。その上で、「これは中国の経済構造の転換に有利だ」と述べた。所長によると、中国が素早い反応でバブルの発生を防いだことがソフトランディングに向かっていると判断する理由。2010年初めから実施した不動産引き締め策が全国的な大規模なバブルの発生を防いだと説明した。...続きを読む

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年11月7日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。