【中証視点】中国CPI大きく低下へ、食品価格はっきり下降

【中証視点】中国CPI大きく低下へ、食品価格はっきり下降
10月に入って野菜や豚肉などの食品価格がはっきりと下落した。食品価格の下落などが原因で10月の消費者物価指数(CPI)の前年同月比上昇率は5.3―5.5%に大きく低下するとアナリストは予想している。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0728&f=business_0728_147.shtml&pt=large">世界最強の通貨「円」、中国経済にも悪影響</a>(2011/07/28)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0902&f=business_0902_105.shtml&pt=large">じわじわ減速する中国経済、マクロ政策大きなヤマ場</a>(2011/09/02)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0930&f=business_0930_120.shtml&pt=large">石炭需給ひっ迫ようやく改善も、危うい綱渡り続く</a>(2011/09/30)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=0929&f=business_0929_120.shtml&pt=large">中国がスマートグリッドに本腰、整備に18兆円投入</a>(2011/09/29)<br>・<a href="http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2011&d=1010&f=business_1010_016.shtml&pt=large">中国ゴールデン・ウィークに「金」購入盛り上がる</a>(2011/10/10)<br>"(サーチナ&CNSPHOTO)
 <中国証券報>10月に入って野菜や豚肉などの食品価格がはっきりと下落した。食品価格の下落などが原因で10月の消費者物価指数(CPI)の前年同月比上昇率は5.3―5.5%に大きく低下するとアナリストは予想している。

 商務部がこのほど発表した最新の統計によると、全国の主要農産物価格は10月30日までに3週連続で下落し、累計で1.2%値下がりした。うち24日から30日までの週は、野菜が前週比2.2%、肉類が同0.7%、鶏卵が同0.6%ずつ下落した。野菜は3週連続で大きく値下がりし、肉類は5週連続の値下がりとなった。果物価格は上昇したものの、食品全体にはっきりとした値下がり基調がみられた。

◆主要食品が軒並み値下がり

 また国家統計局のまとめによると、国内主要50都市の10月下旬の主要食品価格は軒並み下落した。10月は上旬、中旬も値下がりしており、月間下落幅は2%に達した。白菜、油菜、豚肉、鶏卵などの値下がりが顕著だった。

 中信証券の諸建芳シニアエコノミストによると、食品価格の安定と社会需要の段階的な縮小を受けて、全体の物価レベルは低下傾向にある。足元では穀物生産が基本的に安定し、肉豚の飼育頭数が回復しており、食品価格の将来の上昇圧力を大きく後退させた。諸シニアエコノミストは、10月のCPI上昇率を前年同月比で5.4%と予想。第4四半期では前年同期比4.8%の上昇率に低下すると見通した。

 商務部の統計では、10月は週間ベースでの生産財価格が9月に比べて平均1.6%下落した。港での先物価格が前月比0.6%、流通過程での生産財価格が同2.3%それぞれ下落しており、10月は生産者物価指数(PPI)の前年同月比上昇率が下落を続けることがほぼ確定的だ。アナリストによると、PPIの低下につれ、非食品価格の上昇けん引力が低下しつつある。...続きを読む

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年11月8日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。